« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/23

何を優先するべきか

フードジプシーも終わった!やれやれ…と思ったのも束の間
抗生物質を飲む前までは調子よかったのに
飲み始めて水を飲むようになったら元に戻ってしまったアルトcrying
(いつの間にか絵文字が使えるようになってる!)

きっかけは薬だったのかもしれないけどフードがあってないのかもしれない。

アルトのフードは混ぜてるのですが、ひとつは低タンパク質、もうひとつは
肉なしのベジタリアン。

混ぜたら意味ないような気もするけど
お腹が弱いアルトはお米とか入ってた方がいいらしいのです。

で、ふと思い出したのが、腫瘍ができてる場合、炭水化物を栄養に大きくなることがあるので
あまり食べないほうが良いらしいと。
今の配合は炭水化物が多い。

だけど実は高たんぱく質もアルトにはよくなかもなのです。

腎臓が悪いのではなく小さいだけなので大丈夫のような気もするけど
負担はかかるかなと。

そこで低炭水化物のフードを探すとやっぱりその分たんぱく質が高め。

一番いいのは腎臓に負担がかからずに低炭水化物のフードが合うこと。
だから配合を変えて様子見です。

それともうひとつ心配事が…。


昨日、テレビ台のところに血がついていてヴェルデがヒート?と
思ったけど違ってなぞだったのですが
実はアルトのシッポの先の血だったんです。

なんかイヤな感じなんですよねぇ。
確かにシッポをバンバンと打ち付けてはいるけど怪我するようなことは
ないはずだし、ヴェルデの遊んでてなったんならいいけど
足の腫瘍と同じようなのかもしれないし。

シッポの先なので状態を見ようとするとすぐ逃げるのでキチンと
まだ把握できません。
またあまりにも治りそうなかったら早い目に病院へ行かないと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/02/18

決断

ヴェルデがアジをするようになって早4ヶ月ほど。

今年の秋に受ける予定のCDⅠに向けてオビもヴェルデ。
アルトはクレートでヴェルデするのを見守ってました。

今の教室の広場は嫌いじゃないけど、アジをしようと準備すると
イヤがるし、すぐに車に帰りたがるアルト。

このまま諦めたらそれで終わる。
だけど、ずっと付き添いだけで帰るのもアルトにとってはどうなんだろう…。

アルトもします!って言えばアジはさせてはもらえるのわかってるけど
イヤイヤするってのはストレスになるんじゃないかと思うのです。


アルトは腫瘍が出来やすい体質のようで毎年1つは出来てしまいます。
実は今も右後ろ足の指の上にあります。
1月の始めに血が出てたので傷だろうと思っていて様子を見てました。

だけど一向に乾燥していかないしちょっとしたことですぐに血が出てくるので
病院へ行きました。


「ちょっとシコリがある」


と言われしばらく抗生物質と消炎剤を飲んで今は血は出なくなって
乾燥はしたけど、水ぶくれのちょっと硬いような感じになっていて
いつか破裂するかもな感じ。

今は抗生物質も消炎剤もやめて塗り薬だけ。
悪性ならばすぐに大きくなるだろうけど、大きさはほとんど変わりなし。

前に胸のところに出来た時にこういうできもの(腫瘍)ができるのは
ストレスとは全く無関係とは言い切れないと言われました。

ストレスだったことも慣れてしまえばストレスでなくなるし
アルトも一緒に教室へ行くほうがいいのかもしれないけど
しばらくは家で留守番することに決めました。

ヴェルデがもう少しアジがうまくなってアジ専門の時間にも参加できるように
なったら、アルトも一緒に行って2クラス受けようと思います。
それまで、アルトは一旦中断。

夏の花火大会にはまた出たいからそれまでには再開できればいいなぁ。
花火大会はきっとトンネルはないからアルトにもできるはずだしね(笑)

お休みしてる間に足治るといいね。


12
けだるい感じのヴェルデ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/02/03

へっちゃら

アルトがCDを受けに行った日、ヴェルデは留守番でした。
雪も降ったりして天気も悪かったしね。

アルトがいないと常に物音を気にして一人で大人しかったそうです。
帰ったとき

「(ヴェルデが)全然違う~!」

と、言われました。

教室へ行っても会う人、会う犬に挨拶がしたくてしょうがないようで
怒られてもへっちゃら。

と、いうよりは怒られれば怒られるほど口をペロペロしに行ったり
その子の前でゴロンしてみたり。
アルトとは正反対で愛想良子です。

その教室で初めてのタッチ障害の練習をしました。
ドッグウォークは自由練習の時にちょこっとやったら

「落ちてアンヨ怪我したら大変やから!」

と止められたことがあったのだけど、平気で上ってました。
その時よりも高さは低めだったのでまったく問題なし。

端っこ(タッチゾーン)に来たら座らせるのに紐をクイッと引っ張って
と同時におやつを持ってる手も上に。
不器用な私はこれが難しい(笑)

Aフレームも低めにされてたけどへっちゃら。

シーソーは誰もいない時に公園でちょっとやってたりしてたけど
真ん中でバランスをとってバタンとやってたら
そうではなくて端っこまで一気に行かないと行けないらしい。
端っこがバタンとならないようにまずは支えてやったらやっぱり
動くのはちょっと怖いみたい。

まっ、ヴェルデのことだからすぐに慣れるでしょう。

アルちんも低いドッグウォークやったけど最初は逃げ出しそうだったけど
出来ました。

最近すっかり付き添いになってしまってるアルト。
アルトはそれでもいいかなぁなんて思う。
ヴェルデ中心で(すでになってるけど)時々アルトも見てもらって
もう少しヴェルデがアジができるようになったらアジのクラスに行ったら
アルトもアジができるし。

今までよりもゆる~くでやっていこうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »