« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/30

納骨

夏日のいいお天気の中、エルの納骨に行ってきた。

1年間はお仲間と一緒に安置されてその後はみんなと一緒に埋葬されます。
骨がある間はダンボールに白い布で作った祭壇が我が家にはあった。
それも今日まで。写真はテレビの上にお引越し。
また淋しくなるなぁ…。

で、そこのペット霊園に着いて納骨する前にスタッフの方が般若信教を
唱えてくれるのですが、骨壷を渡すと

「あのぉ、失礼ですがエルちゃんてもらわれてきたんですよね?」

と聞かれた。
このことはエルを火葬してもらうのに我が家に迎えて来て貰った時母が
言ったことだろうと思ってたのだけど

「もしかしたら幼なじみのとこの子かも…」

エルの前の飼い主さんの名前をいうとビンゴらしい。
エルを迎えに来てくれた時に飾ってあった前の飼い主さんからの花にあった
名前のプレート、ゴールデンだということ、「エル」と言う名前から
そうではないかと思ったとのこと。

今までエルを通じていろいろな方とお知り合いになれたけど
死んでまで縁を作ってくれるなんて!
エルちんてばぁ。

ちょっと悔しいな。
エルのパピー時代を知ってる人がいたなんて。
いるだろうけど、実際に会えるとは思ってなかったことだし。
なんか悔しい! 写真すら見たことがないからね。
しかも一緒に遊んだそうだ。

だったら淋しくないよね。
お友達もいるし、骨はないけどゆうすけもきっといるから。
お彼岸にまた会いに行くね。

昨日はアルトなりの激泳だったようでシッポがあがりません(笑)
去年の1月にも上がらなくなったけどあの時は原因不明だった。
でも、今回は昨日思いっきりシッポ使ったからだと推測される。
……今朝アルトシッポ踏んだ…思いっきり踏んだわけじゃないから。
触っても痛がらないし。

あぁ…情けない。シッポが筋肉痛だなんて。
どこまでもショボいアルトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1歩前進

琵琶湖へ行って来ました~。

6月に行った場所と同じとこ。
天気予報では曇りのち雨。到着して空を見てみるとなんだかちょっと怪しい。
それでも雨は降ってないので、もーやんさんが着いたすぐあとに到着したようで
もーやんさんと一緒に先に到着していたわいさん、かぁちゃん、おしゃれリーダーに合流。
雨が降って来たとき用のタープを立てて荷物を置いてみんなが揃う前にひと遊び。

今日の参加者

アッシュくん、アッシュママ(ボーダーコリー)
チェリーちゃん、チェリママ、チェリパパ(レッドボーダー)
デプレくん、かぁちゃん、おしゃれリーダー(ボーダーコリー)
ぽんくん、もーやんさん(ボーダーコリー)
ルクちゃん、わいさん(ボーダーコリー)
アルト、エル(骨での参加(笑)、私

アルトにライジャケ装着!
水に入れられるともう気づいてるようなのに前ほど嫌がらない。
これは行けるかも!

水際に連れて行っても嫌がらないでついてくる。ほぇ?
記憶にあるのはここまででおもちゃを投げたのか無理やり連れて行ったのかは
定かではないのだけど泳いだ!
しかも自分から水にはいった!

うぅ…やっとレトリーバーらしくなったじゃない。

去年の夏はレトリーブしてくるようになって、今年は泳ぐようになった。
まだまだ水が好きと言うわけではないけど、これから少しずつでいいから
好きになって欲しいなぁ。

29_01
ちょっと遊んだだけなのに激泳ぎしたような顔。実は演技派?

そうこうしてるうちに全員揃ったのでお昼ごはん。
メニューはトルティーヤ。
初めて聞くメニュー(^^;

もう、うまうまでした!

かぁちゃん、また新しいメニュー食べさせてください!

29_02
なんでもかんでも入れすぎ?(笑)

29_03
第2弾の生地を焼いてるとリードいっぱいいっぱいなのに誰かにくっつくアルト。
なでてとかそういう催促はないけど、アルトなりの甘え方。


お腹がいっぱいになったところでまた琵琶湖へGO

ところどころイヤになって寝てるおしゃれリーダーの元へ逃げ込むこともあったけど
絶対に水際に行かない!ということもなく遊べました!

慣れるのにみんなよりちょっと時間がかかるよう。
2年半付き合ってやっと理解できたかも(笑)

周りが慣れるのが早いから同じように思ってたんだろうなぁ。

ボーダー激泳チームのルクちゃんぽんくんデプレくん。
時間が経つにつれ波が出てきてまるで海のようなのにそれでも泳ぐ泳ぐ。
チェリーちゃんは激泳こそしないものの枝をレトリーブ
アッシュくんも水しぶきバクバク。

レトリーブするようになったもの大好きではないしボールなどに執着はしない。
だけど、ルクちゃんが取ってきたアルトのボール(ルクちゃんも同じの持ってます)を
アルトが取りに行って奪い合い。
ケンカというよりも、子供が

「それ返して!僕のんやで!」

「あとで返す」

「今すぐ返して!」

ってな感じ。

だから、後腐れがない。

なぜか私が投げたボールは自分が取るのだ!という意識があるようだ。
ルクちゃんが取ったボールは最近は取りに行かなかったのになぁ。
私が油断してた…。ルクちゃんごめんね。

29_04
男の友情育み中のデプレくんとアルト


29_05
激泳ぎして疲れたように寝てるけど一番泳いでないはず。体力ないねぇ。


29_06
ドッグテントはやめてデプレくんチェリーちゃんと一緒に係留。
文句タラタラでした。

29_07
琵琶湖に投げたおもちゃを自ら入水してレトリーブ。
写真だって撮る余裕があったのだ!

29_08
ルクちゃんがおもちゃを持ってくるのを待ち構えてるずるいヤツ

29_09
水の上でシットもできるように


アルトが水をもっと楽しいものだと思うようにこの夏はガンガン行くべ!

ご一緒したみなさまありがとうございました。
無事、泳ぐようにもなったのでぜひまたご一緒してください!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/23

ごっきげん!

何がかといいますと、それは私。

昨日のアジレッスン、リード付と言え、アルトがハードルをジャンプしたからです(笑)
まぁ低いからジャンプって言うよりも、またぐって感じだけど。
当たり前のことなんだけど、ジャンプしたからなんでごきげんなのか。
いつもなら「ジャンプ!」って言ってもウィング(ハードルのバーをささえるもの)の方に
寄ってきて私について行こうとしてたから。

まぁ、なんと単純な飼い主(笑)

それと、
今までしつけ教室の先生にエルが虹の橋を渡ったことを言えずにいたけど
昨日やっと言えた。

自分では教室中はいつもと変わりないようにしていたと思ってたけど
先生の目にはそうではなく暗くみえたらしい。
犬のちょっとした変化を見分けられるぐらいだもん、人間なら簡単?

アルトは生まれてからエルが亡くなるまでずっと犬に囲まれて生活してきたのに
一頭になってしまったことを言うと多頭飼いの話しになって
アルトの性格を考えると、もう一頭いた方がいいよとのこと。

一頭の方がいいのかと反対のことを思ってたからちょっと驚き。
で、次は女の子にした方がいいと。

☆ 尊敬できるブリーダーから迎えること
☆ 自分の気に入った子を迎えること
☆ 引き合わせるのはお互いの縄張りではないところですること
☆ 両親を見せてもらうこと

などなどアドバイスを頂きました。
ゴールデンは言うほど縄張り意識が強くはないけど、柴犬などは
縄張り意識が強いので先住犬と家の中でというのはやめた方が良いそうです。
そして、先住犬が下の子を「ごめんなさい」と言うまでやらせないと
後々リーダー争い勃発!だそう。

もし決着がつかないのなら、リーダーである飼い主がきちんと「ごめんなさい」と
言わせるのがいいとか。

ボーダーコリーやジャックラッセルはなかなか決着が着かないで流血にまで
なるとか。
実際に先生の友達のジャックは友達が迎えに行くまでにすでに流血騒動まで
発展して耳の先っちょが切れてたり、縫ったあともあったとか。

まぁ最終的には飼い主さん次第ってことですかねぇ。

まだ次の子を迎えるということを決めたわけではないけど
迎えるならば、アルトが5歳になるまでだなとは思ってます。
そのうち「新しい家族です!」って書かれてるのを楽しみにしててください(笑)

その時にパピーを見たい!と言う方はご一報ください(笑)


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/07/17

CD

アルトが他のワンコを気にしないように…というよりも無視できるようにしたい私。
だけどそれはちょっとレベルが高すぎかもしれないので
他のワンコを見たら私を見るようにしたい。

吠えられるとガウっちゃうからなぁと、思いついたのが音響効果のCDを使って
吠えられてもまずは平気なようにすること。

試しにやってみると……
コンポの前で首をかしげるだけ。ちっ。おもしろくない!
姿がないとダメなのか?

やらないよりかはいいのかなぁと思いつつただ今ご飯中にはCDを流してます。
ご飯=犬の吠え声って結びついてくれたらなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/14

ベジタリアン

ワンコへのガウガウがすごいアルト。
しつけ教室の先生からは先生の生徒の中でもガウガウが一番ひどいと
言われたぐらい。

以前より少~しマシにはなってたもののでも鼻にしわ寄せてガウってるなって
わかるくらい勢いよくガウってることもシバシバ。
このまま仲の良い友達とだけ遊んでいればガウガウだって矯正しなくても
気をつけていけばいいけど、やっぱり治したい。

と、いうことで6月から某ショッピングセンターの屋上にあるドッグランに
行き始めました。そこではしつけ教室の先生がレッスンをされているところ。
レッスンをするわけではないのだけど、決まったワンコだけではなくっていろいろな
ワンコが来るのでアルトのガウガウ矯正にいいのではないかという先生の提案なのです。

ドッグランもアルトが他のワンコがダメなのでって言っとけばドッグランにいる
スタッフの方が他のワンコがアルトのところに来るのを止めてくれます。
でも、ドッグランの中ではガウガウ言わないんだなぁ。

そしてもうひとつガウり矯正のためにしてることが
生食をやめてドッグフードをベジタリアンに変えたこと。
生食を食べると消化後のアンモニアの発生が高く攻撃性が高くなるそうです。
行動学の学術でも発表されてるんだとか。

ということでアルトのドッグフードはこれ

14

なんと処方食!(笑)
アレルギー用のフード。これなかなか匂いが良い香りでドッグフードっぽくないです。
私はこの匂い好きです。
もちろん好き嫌いなくもらえるものはなんでも食べますなアルトなのでしっかり食べてます。

このフードにしてからうんこの量が多い!
でも、最後の方に出てくるうんこが軟便だったのにこのフードにしてからはそれがなし。
案外アルトにはこういうベジタリアンがあってる?

アルトのお父ちゃんもずっとベジタリアンのフードで他のベジタリアンのフードに
変えたらだけでも即お腹にきてたと聞いてるので似てるのかも?

で、先生の話しでは早い子なら2週間ほどで効果が現れるとかで
完全にこのフードにしてからは2週間になろうかと…。

ドッグランに行ってるからなのか、フードをこれに変えたからなのかはわからないけど
犬を凝視することはあってもガウる確率が低くなってきました!
まぁ、まだ道路ですれ違うってことはできないけど、同じ公園に他の犬がいても平気だったり
曲がり角で他のワンコとあっても即Uターンして避ければガウらなかったりという程度だけど。

だけど相性が悪い子にはまだまだガウります。
きっとここからは私がもっとうまくやってかないといけないんだろうなって気がするなぁ。
まぁ何はともあれガウガウが快方へ向かってると実感できてるってことが
私はとっても嬉しい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/11

1ヶ月

エルがいなくなって1ヶ月。
今だに淋しくてどうしようもなくて、朝になると母とエルの話しして二人して泣く日々。
いつまでも泣いてちゃいけないのはわかってるけどまだダメっぽい。

アルトには申し訳ないんだけど、散歩も行く気が起きなくて…。
わざと母が行くように仕向けたりしてみたりなんかして。
そんな母も何もする気が起きないらしい。

これって軽いペットロス?


月命日ということでエルの前の飼い主さんHさんが骨がある間にとお参りに来てくださった。
エルが虹の橋を渡った日、会いに行こうかと迷ってらしたそう。
結局はいらっしゃらなかったのだけど、行けばよかったと思ってて月命日にまたまた大きな
お花を持っていらっしゃいました。

そして1時間ほどエルの思い出話に花を咲かせてお帰りになったそうなのですが
Hさんも5月に心臓の調子が悪いとお医者さんに言われたそうです。
5月と言えばエルも最初に発作で倒れたのは5月。
しかも今はまったく問題ないそうなのです。
エルが全部持っていってくれたみたいです。

Hさんのご主人も心臓が悪くって手術も受けてらしたのだけど
調子悪くて入院されてると聞いた時、ちょうどエルも食欲がなかったりと調子が悪い
時期と重なってたりしたっけ。

とっても感受性の強い子だったのかも…。
しかも離れててもそれをビシビシ感じとってたんだろうなぁ…。

ワンコってどういう飼われ方をされてても(虐待受けてる以外)
一番最初の家で最期を迎えるのがとっても幸せなんだなぁと実感。
エルもどんなことがあってもHさん家族と居たかっただろうなぁ……。

今まで何頭かの子達とお別れしてきたけれどいつまでも悲しんでるのはエルが
初めて。5年8ヶ月しか一緒に暮らしてないのにしっかり11年一緒にいるような
間隔だったし、とっても大きな存在だったことにいなくなって改めて感じてる。
いつまでも悲しんでるとエルが成仏できないのはわかってるんだけど
どうしていいんだかわからなくって…。

やっぱり時間が解決してくれるかな?

私の姉は2年前にくも膜下出血で亡くなったのですが
その時よりも大声で泣いたと母に言われます(^^;
今日もその話しになって母に

「エルはあんたの息子みたいなもんやったからなぁ」

と言われました。
息子と言うよりも彼氏…かな?(笑)
大好きという言葉では足りないくらい好きだったし愛おしかった。

生まれ変わったら私のとこにもう一度来てね。
生まれ変わったら「僕はここだよ」って教えてね。
その時まで待ってるからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/08

アウトドア気分

まだ川に行っても泳がないだろうしっちゅうことで本日もプール遊び~。

前回よりも水を多めに入れてみる。
プールには抵抗なく入れるんだけどなぁ。なんで琵琶湖はダメなわけ?
ドボンするからか?

ダンベルのおもちゃもせっせと取りに行くし。
って言ってもレトリーブ大好き!ってことはなからレトリーブに燃えるってこともなく
淡々と取りに行く。
レトリーブにもムラがあるよねぇ、キミは。

08_01


午前中にプール遊びしたので午後からは1年前に買って使ってなかったスモークハウス
使ってアルトのトリーツを作ってみました。

08_02
こんなダンボールの箱の中にお肉を入れました。

買ってきたお肉を今回は生のままでスモークハウスに入れること2時間。
いい感じにできあがり!

08_03
いい感じに燻製できました。


いい感じに出来てたのでつまんでみたのですがレア状態。
レンジでチンすると中まで火が通って食べられました。
スモークにも温勳と熱勳があるようなので熱勳でやれば中まで火が通るかな?

ということでこれに気を良くしてお手軽香房を買ってしまいました。
トリーツを作る時は2時間もしなくてもいいかも。
匂いがつく程度で充分かなぁ。2時間もすると匂いが強すぎる。

もちろん食いつきは良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/03

世間はせま~い!

土曜日は、しつけ教室(アルトがやってるのはオビディエンスっていうのは
おこがましいから(^^;)とアジレッスン。

両方とも雨に降られずレインウェアの出番はなし(笑)
道中のでは降ってたから「着られるかも」って思ってたのになぁ。

チェリーちゃんもぽんくんもお休みでアジのレッスンは
ジャックラッセルテリアのたんくくんと2頭。
ドッグランに入る前にお互いが気になっててガンの飛ばしあい(笑)
なので1頭ずつ出してやることに。

片方がやってる時はクレートで休憩。
アルト入ったら入ったで出たくなくなるし、出たら出たで入らない(ーー;)
やりたくないってこともなさそうなんだけどなぁ。

ほとんど障害はやってないけど結構楽しそうに走ったりしてました。
うんうん、この調子この調子。

一人で2時間も車の運転すると眠くなりそうなので高速で帰ろうと思って
次のクラスのレッスンを見学して帰ることに。
見学だったのになぜだかスイッチを教えてもらってるし(笑)
頭が超混乱で他の人も四苦八苦。

練習の仕方も教わったけど正しいんだかどうだか…。

終わった頃にはちょうどいい感じの時間になって深夜割引を使って帰宅。

日曜日はアルトのガウガウ矯正のために大阪のショッピングモールの屋上にある
ドッグランへ。

室内でもできるので雨でも決行覚悟でしたが、私が行った時は雨は
降ってませんでした。
ランの前にいてもガウガウの確率が減ってはきているけど店内に入って
ドリンク飲みながら、カフェ練しながらの矯正タイム。

が、雨が降ってきたのでドッグランでしているアジのレッスンを店内で
やることになって5頭が入ってくるからとのことでアルトは通路に非難。
ショップになってるうえに、トリミングもしてもらえるとこなので通路にいても
他の犬は見えるし、アジのレッスンを受けてる子も見える。
次のクラスの子もレジの前で待機してたりして。
でもなんとか無事室内でのアジレッスンを乗り切った!

次のクラスは雨が止んだので外でするらしくふたたびカフェ練&ガウガウ矯正。

室内でアジレッスンしてたシェルティーのセーブルの子にアルトは異常に
反応していて、レッスン終わった後もその子は買い物されてる飼い主さんと
店内をうろうろ。

と、思ってたらシェルティーの飼い主さんご夫婦のだんなさんが

「ちょっとお聞きしたいんですけど……」

と話しかけられて何を聞かれるのがドキドキ。

セーブルの飼い主さんのだんなさん(以下『だ』):「京都の方ですよね?」

みどり(以下『み』):「はい」

だ:「あのぉ、うちの妻が結婚する前に京都の○○に住んでいて幼なじみじゃないかって
   言ってるんですけど」

み:「???」

だ:「旧姓は○○って言うんです」

み「!」

もうちょーーーーーーびっくり。
旧姓を聞いて即効わかった。 近所にその苗字の方知ってるし覚えてるんだけど
奥さんの顔も何度か拝見してるのに全然思い出してなかった(笑)

聞けばここのドッグランのオープンのイベントであったアジリティーの体験会の前の
デモンストレーションに私とアルトが出た時からわかってらしたらしい。
先月もガウガウの矯正で来ていたし今月も来ていて私も店内にいたので
声をかけてくださったようです。

まさか、同じ先生に習ってようとは…。
その子の名前は先生のHPでお見かけはしていたけどまさか知ってる人だなんて!

話をしてる間、お互いあまりよく思ってないワンコ達は大丈夫だということを悟ったのか
別れる頃には気にしなくなりました。
そのシェルティーの子もゴールデンに何かされてイヤなことがあったらしいし
アルトはなぜかシェルティーもイマイチな子が多い。

また来月行く予定だけど次に会った時はどうかなぁ。

あ~、なんて世間は狭いんだろうって感じた日曜日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »