« 再開 | トップページ | 火葬 »

2006/06/11

虹の橋を渡る

今朝、10時30分頃エルくん虹の橋を渡りました。
享年11歳5ヶ月。

土曜日の朝に自力で移動してから歩こうとするけど立てずにいて
水は少しでも飲んでたのでシッコがしたいはずなのにシッコも出来ず。
もう、今日明日かな?と覚悟を決めて前日はソファで寝ました。

寝てる間に逝ってしまったら…と思いつつも睡魔の限界に達して
寝てしまったけど大丈夫でした。
でも、近いことだけは確かで、肩で息をしてましたから。

母もつきっきりで、看てて足をピーンと伸ばしたのでシッコかな?と
思ったら首も伸びするみたいにしておかしいと感じ
慌ててそばに行くとそのまま眠るようにして逝きました。

月曜日まで苦しんでたら病院に行ってお願いしようと決めてました。
日曜日でも電話すればしてもらえたのに心ではやっぱりもっと一緒にいたいと
いう気持ちが勝ってしまっていたと思います。

今まで看取った子は逝く間際まで悲痛な声をだしてたけど
エルはそういうことはまったくなく前日に少し鼻をピーピー鳴らすだけ。
しかも寝たっきりになったのは丸1日だけ。
とっても親孝行。

頭のいい子だったもんね、悪いことでもいいことでも。

寝てる場所を移動させて、5月の末からはまともに食べてなかったから
ドッグフードと、すぐに壊してしまってたけどぬいぐるみが好きだったから
お向かいの家に捨てるのに袋に入れてあったのを拝借してきた(了承済み)
スヌーピーのぬいぐるみと、先週最後にくわえたムシさんのぬいぐるみ
食べられないなりにもよく食べてくれたうまみがギュッとつまった満足ビーフを
お供えしました。

それから、那須に行ってるエルの異母兄弟であり、アルトの父犬の飼い主さんに
電話して、友達にメールでお知らせ。

そしたらありがたいことにわいさんから電話で来てくれるとのこと。
しかも電話口で泣いてくださってる(T_T)
エルには数回しか会ってないのに。

飼い主の私が言うのもなんだけどとっても愛嬌があって人から愛される子だったから。
ホント得な性格してたよ。

アルトもエルの顔をじっと見たり、私達が泣いてるのを見てそばにきてくれたり。
時間帯が違ったせいもあるのかもしれないけどいつもならご飯の用意をしだすと
はしゃぎまくるのにそれもまったくなし。
アルトなりにわかってるんだろうね……

と、思いきややつはお供えのムシのぬいぐるみにドッグフードを狙ってた!
(´ヘ`;)ハァ

そうこうしてるとわいさん、もーやんさん、かぁちゃんが来てくれて
しばしエルの写真やら来た頃の思い出話。
外では絶対みせないアルトの歓迎を受けて驚かれたでしょうね(笑)

女ばかりが前に座って話しはじめたからかエルは鼻血ブー。
鼻にティッシュを詰めたけどすぐに真っ赤になるので頭をもっと高くしたら
止まりました。

エルってすぐに頭がピンクになったもんね。
ルクちゃんのお尻すごい匂ってたし。ピンクになったらすぐにわかるくらい
顔つきなんかもかわってたし。

エル、もう苦しくないね。また走れるよ。
大好きなお父さんとももうすぐ会えるよ。おばちゃん(私の姉)もいるから
よろしくね。
あ、10日はおばちゃんの命日だったから呼ばれたのかな?

我が家に来てくれてありがとう。
前の家とちょうど半分になるまでいてくれてありがとう。
ゴールデンの魅力を教えてくれてありがとう。
私の理想のゴールデンはいつまでもエルくんです。

エルと会えて幸せだったよ。ずっとずっとエルのことは忘れないからね。

11
去年、桜の木の下で

|

« 再開 | トップページ | 火葬 »

コメント

エルくんへ
いっぱいいっぱい頑張ったんですね。
みどりさん・ご家族・アルトくんと暮らした幸せな思いでを持って、虹の橋の向こうでまた幸せに暮らしてくださいね。

桜の木の下のエルくんの幸せな笑顔が何よりです。

投稿: アッシュママ | 2006/06/11 21:51

はい、アルトくんの大歓迎。
スリッパつつき攻撃を受けました。

今日は私達のわがままを聞いていただき
本当にありがとうございました。
エルくんのお顔を見れてよかったです。

エルくん、ありがとうね。
みんなを見守ってあげていてね。

投稿: わい | 2006/06/11 23:12

みどりさん、お久しぶりですm(__)m
エル君、虹の橋を渡られたのですね。
2年半前に前犬チョビを亡くした時の事を思い出して
思わず涙がこぼれてしまいました…。
お母様と一緒にエル君を看取ってあげれて
よかったですね。
私はチョビの最期を看取ってあげる事が出来ず、
それがずっと心残りになっているので、
家族に看取られて安らかに旅立っていったエル君は
本当に親孝行な優しい子だったに違いないです。
そんなエル君の事、私も忘れません…。

投稿: ちょび | 2006/06/11 23:55

寂しくなりますね。
エルくん、本当によく頑張りましたね。
去年、琵琶湖で会ったときの様子が目に浮かびます。暴れん坊のカイトの世話でゆっくりナデナデさせてもらうこともできなかったけど。
これからはいっぱい食べて、水遊びもしてね。
いつまでも泣いていたら、エルくんが心配しますよ!

投稿: りりこ | 2006/06/12 08:43

アッシュママ
エルは我慢強い子だったしいっぱい頑張ってくれました。
エルには何度ありがとうっていっても足りません。
幸せだったと思って逝ってくれてればいいのだけど。

この写真は遺影に使いました。
とってもいい顔してるでしょ。

わいさん
アルトの違う一面をみてどうですか?
あれが外でも出てくれたらいいんだけどねぇ。

わがままだなんてとんでもないです!
とってもありがたかったです。
かえって気を使わせてしまってすいません。

母が「エルをなでてくれたし、思い出話しも
できた」と喜んでました。
ありがとうございました。

ちょびさん
思い出させてしまってごめんなさいね。
私も初めて看取ることができました。
母性の強い子で優しい子でした。
犬種の本なんかで書かれてるような子でした。

エルのこと忘れないでやってくださいね。

投稿: みどり | 2006/06/12 09:04

みどりさん、大丈夫かな?

エルくん、最期の最期まで周りに気を遣ったりして、、、ほんとに優しい子だったんですね。

エルくんのこと、忘れません。

投稿: もーやん | 2006/06/12 09:20

うーん、昨日の夜コメント残したはずなのに残ってないな。
昨日は、最後に合わせてもらってありがとうございました。
やっぱり辛くて泣いちゃったけど、エル君の昔話で笑わしてもらったのは、彼の徳ですね。
お母様にもヨロシクお伝えください。

投稿: かぁちゃん | 2006/06/12 19:12

みどりさん、読み逃げばかりでしたが、エル君を応援していたんですが・・・
残念でしたね・・・・寂しくなりますね・・・

私のワンコ仲間もここ最近、愛犬を亡くしたり・・が続いていまして、そのたびにやっぱり寂しいです・・
ゴールデンの持つ癒しパワーやこちらを包み込んでくれる包容力、本当に魅力ある犬種だと思います!
アルト君、寂しくなるけどみどりさんといろんなことにこれからも頑張ってね♪

投稿: ありすまま | 2006/06/13 06:15

わいさんから聞いてびっくりでした。
みどりさんともどれくらい会ってないでしょうか??
ちょうど土曜にわいさんと会い、
「私、ゴールデンがほしいんだけどなあ・・・」って話をしていて、
みどりさんの話をしていた矢先でした。

犬を飼うとき、そして飼ってからも、
いつかは・・・って覚悟をしているつもりでも
ほんとに目の前で起こると
想像以上につらいものです。
その子を思ってきた分だけつらいと思います。
みどりさんの日記を読んで、
エル君への愛情の深さがひしひしと伝わりました。
ご冥福をお祈りします・・・

投稿: かいまま | 2006/06/13 19:52

りりこさん
虹の橋を渡ったところで食べ放題、泳ぎ放題してることと思います。
本当に頑張りやさんで我慢強い子だったので
一度も「キャン」と言ったことのない子でした。
いつまでも泣いてたらエルが心配しますよね。
だけどやっぱり悲しいし淋しいのでもう少しだけ
泣かせてもらおうかな…。


もーやんさん
日曜日はありがとうございました。

ホントに気を使いながら逝ったような感じですよね。
土曜日だといないことも多いから日曜日で
しかも私と母がいる時でしたから。
私の気持ちを読まれてるのではないかと思うくらい。

エルというゴールデンのこと覚えていてやってくださいね。


かぁちゃん
日曜日はありがとうございました。
こちらこそ会って頂いてありがとうございました。

ホントに死んでからも笑わせてくれて、得な性格ですね。
エルの思い出話ができてよかったです。


ありすまま
こちらこそいつも読み逃げしてます(^^;
残念だけどエルも病気には勝てなかったようです。
年々、夏バテをするようになってきてたので
今年も気をつけないとなぁと思ってた矢先の
ことでした。
エルは本当にゴールデンらしい性格だったので
私達がどれだけ癒されたことか。
これからはアルトといろいろ頑張ります。


かいままさん
お久ぶりですね。去年のキャンプ以来かな?
確かエルも一緒だった時ですよね?

わいさんから伺いましたよ、2頭目のこと。
2頭目を迎える時は言ってくださいね、何かの
お役に立てるかもしれませんから。

11歳だからエルもいつかは…と思いながらも
12歳目指して頑張ろうねと言ってたんですけど
ダメでした。
エルの犬生の半分しか一緒にいられなかったけど
そんなことは感じられないくらいいっぱいの思い出があります。
エルには感謝の気持ちでいっぱいです。

投稿: みどり | 2006/06/13 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72572/10482855

この記事へのトラックバック一覧です: 虹の橋を渡る:

« 再開 | トップページ | 火葬 »